« FD展 | トップページ | 花菖蒲とガーデン »

パチュリーの香り

春に鹿児島に行ってきました。開通した九州新幹線…思ったより快適でした。シートは、「のぞみ」のグリーンより、いいかも?と、思えるようなゆとりのあるもので、長時間の乗車にも耐えられるものでした。実は帰りは風により、途中で運休になってしまい、大変だった…というおまけの想い出もできてしまいましたがよい旅ができました。

旅先でハーブが日本に初めて入ってきた農園?という場所に寄ってみました。ハーブに興味のない人には、珍しくもないスペースだと思いますが、そこで生の「パチュリー」と初めて出会いました。インド原産の温かい場所を好むハーブです。鹿児島だからこそ居心地がいいのでしょうね。精油ではおなじみですが、育てるのは冬の寒さ対策が大変なので、もっぱら精油を使っています。

オリエンタルな香りのハーブは、ゆったりした気持ちにされてくれ、食欲を抑える?という嬉しい効果もあるそうです。( ̄ー ̄)ニヤリ…生のパチュリーを触ってみました。さわやかな香り…あれ?精油とは違う香り?しかし、その後、しばらくしてから精油と同じ香りが…甘い香りがずっと続きました。精油より気に入ってしまいました

今の環境では必ず枯らしてしまうと思うので、いつか育てられる環境が整ったら、育ててみたいですね。見た目はとっても地味なのですが香りに惹かれて…

|

« FD展 | トップページ | 花菖蒲とガーデン »

アロマ、ハーブ、手作り化粧品」カテゴリの記事